首の痛み・神経痛・頭痛・腰痛・膝の痛み等のつらいお身体の悩み、
【えにし鍼灸整骨院・石川台駅・雪が谷大塚】にご相談ください。

あなたとのご縁を大切に

えにし鍼灸整骨院(予約優先制)

大田区東雪谷2−18−10石川台アーバンレックス

東急池上線 石川台駅から4分
雪が谷大塚駅から9分

受付:9:00~13:00
           15:00~20:00

(土祝~18:00まで、日曜休診)

ご予約優先になります。

お気軽にお問合せください

03-6425-6968

野球肘

野球肘とは

野球肘とは、投球動作の繰り返しによって肘関節に発症する疼痛性障害の総称です。

その中には肘関節の多くの病変が含まれます。

 

・内側型野球肘

加速期に腕が前方に振り出される際に外反ストレスが働き、さらにボールリリースからフォロースルー期には背屈(手首が手の甲側に曲がる)から掌屈(手のひら側に曲がる)に、前腕は回内(内側にひねる)する為、屈筋や回内筋の付着部である上腕骨内側上顆(手のひらを上に向けた時の肘の内側)に牽引力が加わります。この動作の繰り返しによって起こります。

円回内筋の付着部の炎症や上腕骨内側上顆炎、尺側側副靭帯損傷などがあります。

 

・外側型野球肘

投球動作の加速期に外反ストレスがかかり、肘の外側に圧迫力が加わりフォロースルー期にも関節面に捻りの力も加わります。このストレスの繰り返しによって起こります。

肘の外側に痛みが出る、離断性骨軟骨炎などがあります。

 

・後方型野球肘

肘の後ろにあたる肘頭に痛みが出る。ボールリリースからフォロースルー時の、肘の伸展強制によって肘頭と上腕骨(肘頭窩)に衝突するようなストレスがかかります。それを繰り返すことにより起こります。

肘頭疲労骨折・後方インピンジメント・骨棘形成などがあります。

外側型野球肘の『離断性骨軟骨炎』は、ほとんどが小学生時に発症します。

その時に治しておかないと肘の変形になりやすく、スポーツ選手としての将来を大きく左右してしまう事があります。

(肘の外側の痛みが長く続く場合は、エコーやMRIなどの精密検査を受けてください。)

野球肘の症状

  • 投げ初めに痛みが出る
  • 肘の曲げ伸ばしで痛い
  • 腕に力を入れるだけで痛い
  • 肘から手首にかけての痛み
  • ドアノブをひねると痛い
  • タオルを絞ると痛い
  • 引っかかり感がある。又はロッキングする
  • ペットボトルの蓋をあけると痛い

野球肘の治療法

多くの場合は筋肉に問題がありますので、それに対してアプローチしていきます。

筋肉や筋肉が骨に付着するところが治療のポイントになってきます。

肘以外の関節の動きや、肘の周り以外の筋肉の動きも悪くなっていることが多いので、そこに対してもアプローチしていくと、より早く回復します。

投手は特に痛みが出ていなくても練習後はアイシングをして、入浴時には肘から手首の間の筋肉をほぐすようにしマッサージしたり、ストレッチをするなどして予防に努めましょう。

お問い合わせはこちら

ご予約優先になります

お電話でのお問合せはこちら

03-6425-6968

平日:午前9時~13時 午後15時~20時(最終受付20時)
土曜祝日:9時~18時(最終受付18時)
定休日:日曜     
予約優先制

お問合せはこちら

お問合せはお気軽に
予約優先制

03-6425-6968

メールでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

アクセス

03-6425-6968

住所

〒145-0065
東京都大田区東雪谷2−18−10石川台アーバンレックス103

東急池上線 石川台駅から4分
雪が谷大塚駅から9分

営業時間

平日:
9:00~13:00
15:00~20:00
(最終受付20時)

土曜祝日:
9:00~18:00
(最終受付18時)
 

メールでのお問合せは24時間受け付けております。

休業日

日曜日

お気軽にご相談ください。